ラウンドブロック法

傷の残らない豊胸手術ラウンドブロック法

手術によるバストアップ方法のひとつにラウンドブロックと呼ばれる方法がありますが、ご存知でしょうか。

 

このラウンドブロック法は、世界最小の切り傷で手術が出来るという方法として知られていて、胸が小さい人よりも、出産など、何ら原因でバストが小さくなってしまった人に効果のある方法です。

 

出産後の授乳などはバストが小さくなったり垂れる要因といわれていますし、ダイエットや年齢的なものも、そうした要因に挙げられます。

 

こうした人たちに効果のあるラウンドブロック法ですが、手法としては、乳輪の周りだけを切り、それを吊り上げてバストにハリを持たせるという方法です。

 

また、ラウンドブロック法は、バストアップに限らず、胸を小さくする手術としても知られています。

 

今まで似たような手法では、傷跡が残る、目立つといったことで知られていましたが、このラウンドブロック法は、最小限に傷を抑える手術なので安心です。

 

ラウンドブロック法では、バストアップと引き換えに傷が残るということもないので、人気のあるバストアップ方法です。