シリコン豊胸手術で自然なバスト

シリコン豊胸手術で自然な形のバスト

バストアップの目的のために豊胸手術をするという人も多いと思いますが、そのひとつとして、シリコンバッグを入れるという豊胸手術があります。

 

数年前までは生理食塩水入りのバッグを使った豊胸手術が主流でしたが、最近ではシリコンバッグを使用したものに主流が移ってきました。

 

これは生理食塩水入りのバッグに比べ、シリコンバッグを入れた方が自然な形でバストアップが出来るためで、とても人気もあるようです。

 

さて、豊胸手術で気になるのが、やはり手術後のバストの形ではないでしょうか。

 

たとえバストアップに成功していても、形が不自然であれば失敗といえますので、そうした意味でもシリコンバッグを使った豊胸手術は人気なのでしょうね。

 

豊胸手術の場合、一昔前だと体内でバッグが破れてしまうと、体に影響があり危険といわれていましたが、現在では体に影響がないといわれているので安心です。

 

だだし、シリコンバッグが体内で破れてしまった場合、粘着力が強いので、胸を切開しなければいけない場合もあるので注意してください。

 

万が一のリスクに備えるためにも、医師とのカウンセリングや相談はとても大切です。