メスを使わないバストアップ手術

メスを使わない豊胸手術とは?

バストアップの手術を受けたいけど、傷跡が残るのが嫌だとか、メスが怖いという人もいるのではないでしょうか。

 

手術の際にメスを使えば、当然ですが、その切口に少なからず傷跡が残ってしまいますが、今では、メスを使用しない手術というのもあります。

 

メスを使わないバストアップの手術方法は今色々とあります。

 

メスを使わないで済むのであれば傷跡も気にする必要もないですし、無意味な恐怖心もなくなります。

 

さらにメスを使用する手術に比べると、手軽にバストアップを実現することも出来ます。

 

さて、このメスを使わない手術の方法ですが、その手法とは、注射器によりヒアルロン酸や脂肪を胸のなかに注入するという方法です。

 

脂肪を注入する場合、自分の体内にある脂肪を取り、その脂肪をバストに注入するという方法で、脂肪も取れることでダイエットにもつながります。

 

脂肪もヒアルロン酸も体内にある成分なので安全で、副作用の心配も少なくて、安心して手術ができると思います。(ただし、ヒアルロン酸注入は、時間の経過と共に、バストサイズは元に戻ってしまいます。)

 

メスを抵抗のある人は、メスを使わないバストアップ方法を考えてみるのもいいと思いますよ。