妊娠、出産とバストアップ

妊娠と出産にまつわるバストの話

いろいろバストアップ方法で、バストアップを実践している人は多いと思いますが、バストアップをおこなわなくても胸が大きくなったという女性も多くいるでしょう。

 

妊娠して赤ちゃんを出産した女性の多くは、バストアップをする、しないに関わらず、自然に胸が大きくなります。

 

バストアップに効果のある女性ホルモンですが、妊娠、出産中の女性は、このホルモンの分泌が活発になるので、必然的にバストアップへとつながっていくです。

 

ただし、女性ホルモンの分泌量も授乳期間を過ぎた辺りからだんだんと減ってしまい、バストサイズも元に戻る、もしくはそれ以下になってしまう人もいるようです。

 

バストアップしたいと思っていた人が、このように一時的にバストアップを実現できたとしても、残念ながらバストはまた小さくなってしまいます。

 

授乳後に再度バストアップをおこないたいと思っている人も多いようですが、女性ホルモンのバランスの崩れなどもあり、簡単ではないようです。

 

しかし、積極的に女性ホルモンの働きに効果のあるサプリメントや食べ物を摂取し、女性ホルモンの分泌を促すことができれば、再びバストアップに効果があらわれてくると思います。