バストの大きさと遺伝

遺伝と胸の大きさは、なんの関係もない?

親と似ている、お母さんに似ているなど、人間はいろいろなものを親から遺伝しています。

 

母親の胸の大きく、自分も胸が大きい人などは、親からの遺伝だと思う人もいるかもしれませんが、バストの大きさは、遺伝とはあまり関係ないといわれています。

 

遺伝によって胸が小さいと感じている人は間違った考えかもしれません。

 

胸の小さい人は何が原因なのかというと、それは乳房組織の発達が影響していると考えられ、一言でいえば胸の発育が悪かったということになります。

 

肥満体質の女性の人などは巨乳に見えますが、これは多くの脂肪がバストについているからで、線の細い人や、体が引き締まった人のバストが大きく見えるのは、脂肪以外の筋肉が鍛えられ、大きくなっているからだといわれています。

 

多くの女性がバストアップに関する悩みを持っているかとは思いますが、バストが小さい原因は遺伝のせいではく、それ以外に原因があるということを覚えておいてください。